うつ病のチェックをするなら正しい認識を持つことが大事

  1. ホーム
  2. 検査方法と治療方法

検査方法と治療方法

ドクター

うつ病の検査方法や治療方法は常に進化しています。最新の検査方法や治療方法についてチェックしていきましょう。まずは、光トポグラフィー検査ですが、近赤外線光を利用した検査方法です。身体に悪い影響を与えない近赤外線光を用います。この近赤外線光を頭皮に照射することで、脳の血流をチェックすることができるのです。血流のパターンはいくつかあり、パターンをチェックすることで病気かどうかを判断します。以前は専門の医師による問診によって病気の診断をしていたのです。ですが、近年では、光トポグラフィー検査を用いることで、より正確に診断を行なうことができるようになってきています。検査に必要な時間は15分程度と短いので、スピーディーな検査が行なえるのです。専用のヘッドセットを装着し、「あいうえお」などの発音を繰り返します。その後、簡単な質問を行ない血流の変化をチェックするのです。健常者であれば血流量が速やかに上昇します。また、高い値を保つでしょう。うつ病なら、ほとんど血流量が上昇しません。この光トポグラフィー検査はとても制度が高いことで有名です。7割から8割程の割合で問診による診断結果と一致すると言われています。そして、最新のうつ病治療として、磁気刺激治療法が注目を集めているのです。これは、磁場によって直接刺激を与えることができます。活動が低下した脳の機能を回復させることができるのです。また、ピンポイントで刺激を与えることができるので、効率良く治療が行えます。電流自体も弱いので、副作用もほとんどないでしょう。また、施術を行った後には脳に行き渡る血流量が増えることが分かっています。脳の機能を回復させることができると考えられているのです。磁気による治療時間は10分程で、痛みもそれほどありません。ただ、国内ではまだ保険治療として認められていない治療方法です。ですが、脳卒中や高度脳機能障害、パーキンソン病などの治療にも役立てることができるとして、とても注目されています。うつ病の治療方法は現代でも進化を続けているのです。これから先にも、新しい治療方法が確立されていくでしょう。近年では、精神疾患を患う患者がとても増えてきています。それも、かなりの勢いで増えてきているのです。一般的にうつ病の治療には長い時間がかかってしまいます。1年近く治療に費やすことも珍しくはないのです。その為、より効果的で短期間に完治を目指せる治療方法が必要とされています。患者としても新しい治療方法が確立されれば、安心できるでしょう。