うつ病のチェックをするなら正しい認識を持つことが大事

  1. ホーム
  2. 身体的な症状

身体的な症状

相談

病気になると、様々な症状が現われます。今回は、うつ病の身体的な症状について学んでいきましょう。一般的に心の症状が有名ですが、身体的な症状も現われるのでチェックしておくことが大切です。まず、有名な症状が睡眠障害でしょう。この病気を発症してしまうと、殆どの場合で睡眠障害が確認されているのです。また、睡眠障害が現われているのに、その原因が分からない場合はうつ病をチェックしておきましょう。睡眠障害の中にもいくつかの症状があります。まずは中途覚醒ですが、睡眠中に目が覚めやすくなる症状です。小さな物音などで目が覚めてしまいます。入眠後すぐに覚醒してしまうので、熟睡することができなくなってしまうのです。睡眠不足に陥ってしまうでしょう。また、不眠症や入眠困難も有名な症状です。これは、入眠に時間がかかってしまう症状で、なかなか寝付けなくなってしまいます。睡眠が取れなくなることで、疲れや眠気が取れずにストレスが生じるでしょう。うつ病の症状が悪化していく原因ともなります。さらに、過眠症や過剰睡眠が現われることもあるでしょう。不眠症とは全く違った症状です。長時間睡眠を取っているにも関わらず、眠気が取れなくなります。満足感を得られる睡眠が取れなくなってしまうのです。決まった時間に起きることも難しくなります。日常生活にも影響を及ぼすでしょう。十分な時間睡眠を取っても眠気が取れないので、集中力も低下します。1日に10時間以上寝ても眠気が取れない方はチェックしておきましょう。うつ病の場合、睡眠障害以外にも身体的な症状が現われます。疲労感や倦怠感にさいなまれてしまうことが多くなるでしょう。気分が落ち込んでいると、身体の方も怠さや重さを感じてしまいます。しかし、この病気の場合は、睡眠や休養をとっても疲労感や倦怠感が回復しないのです。一過性の疲労感や倦怠感とは全く違う特徴があります。しっかりと休んでいるのに、身体の疲労感や倦怠感が取れない場合は、うつ病をチェックしておきましょう。一般的に、このような疲労感や倦怠感は午前中に最も症状が重くなります。夕方になるにつれて段々と回復していくでしょう。この病気の場合には、一日中疲労感や倦怠感が現われるのではなく時間帯によって症状の重さが変わってくるのです。特に、朝目覚めてからすぐに最も疲労感や倦怠感が強まります。なかなか起き上がることができなくなってしまうでしょう。精神疾患として知られているうつ病でも、身体的な症状が現われるのです。